プロミス過払い金請求でブラックリストに?

プロミス過払い金請求でブラックリストに?

「どうもいろいろネットで調べた結果、プロミスに過払い金があるんじゃないか?」という場合でも、過払い金請求に踏み出せない方も多いのが現実でしょう。
その多くの理由は「怖い」という理由です。
弁護士が付くにせよ、相手は貸金業者で「怖い」というイメージは離れないようです。
さらに、プロミスに過払い金請求することで「ブラックリスト(金融事故)」になり、将来好きな時に借入れができなくなるのでは?
というイメージも強いようです。
ではブラックリストとは一体どんなものなのかを整理しましょう。

 

ブラックリストは法律ではない

多くの方が勘違いしているのが、ブラックリストになるとお金を借りれないという法律になっている。
というものです。
これはまったくの勘違いであり、ブラックリストは各業者が決めるものです。
通常、金融事故を起こすと5〜8年ぐらい借りれなくなるようですが、あくまでその判断は各業者がするものです。
仮にプロミスで支払が滞ってしまい、「事故扱い」となった場合、その情報は各金融業者間のネットワークで共有されるので、Bという金融業者でも「この人はいついつ、プロミスで金融事故を起こしたな」と把握できます。
では、Bという業者はその事故情報をもって、どのような判断をするかというと、B社独自の判断で、貸付をOKにするかどうかを決めます。
さらに、この「事故情報」がネットワーク上から消えるのが5〜8年と言われていますが、内情は解りませんし、保存期間も各社様々でしょう。

 

過払い金請求はブラックリストにならない

では過払い金請求をプロミスにした場合はブラックリストになるのでしょうか?
答えはNOです。
もっと言うと、金融業者間で残るデータは「過払い金請求をした」というデータが残るだけで、「金融事故」にはなりません。
つまり、過払い金請求をしたからと言って、新たにローンを組んだり、クレジットで買い物はすることができます。
銀行で住宅ローンを組むのも問題ありません。
(返済能力による審査が通る通らないは別問題ですが)
ただし、仮にプロミスで過払い金請求をした場合はしばらくはプロミスでの新たな借り入れはできない可能性が高いでしょう。

 

残債のある場合は注意が必要

長い期間支払していて、現在も残高があるが、計算上過払い金がある場合もあります。
どういうことかと言うと、残りの残債よりも過払い金で戻ってくるお金の方が多いという場合が結構あります。
その場合、そのまま過払い金請求を行ってしまうと、債務整理という手続きになってしまいますので、ブラックリストになりたくない人は注意が必要です。
一度当事務所へご相談下さい。

 

プロミス過払い金請求無料診断