消費者金融と銀行融資どっちがいいの?

消費者金融と銀行融資どっちがいいの?

消費者金融と銀行の融資についての違いの説明です。
資金繰りに困ったらお金を借りなければなりませんが、融資をしてもらう場合消費者金融と銀行のどちらを選んだら良いのでしょうか。
両方とも、利息をつけてお金を貸すという点では同じですが、部分的に違うことがあります。
銀行と消費者金融は、スタンスに違いがあります。

 

銀行は信用できる相手を厳選し、少数の人に高額融資をするのが目的で、消費者金融は信用することを前提にたくさんの人に少額融資をしています。
銀行の審査は時間がかかり、内容も厳しめですし、住宅や不動産を購入するため、事業資金にするためなどにまとまったお金を必要とします。
返済ができなくなったときのために、土地は建物を担保に取ったり保証人を立てなければなりません。
利子は消費者金融と比べて低めて年利や月利となっています。

 

審査の時間が短く、条件も厳しくないことが、消費者金融系キャッシングの特徴です。
担保や保証人は必要としていませんが、利用限度額は銀行ほど多くはなく、一人一人の信用力によって制限が強くなりがちです。
利子も消費者金融で融資を受けた場合は日数計算されるうえ、銀行よりも高くなります。
銀行から融資を受ける場合と、消費者金融系から融資を受ける場合とでは条件がいろいろと違っているため、自分にとって使いやすいほうを選びましょう。

 

プロミス過払い金請求無料診断