プロミスからの過払い金請求ができないケース

プロミスからの過払い金請求ができないケース

プロミスへ過払い金請求するにあたり、こんなケースではできません。

 

本人ではない場合

よくあるケースが家族のカードを使用していて、その分の過払い金請求ができるか?というケースですが、カードの名義人本人でなければプロミスではなくとも過払い金請求はできません。
また、本人が亡くなってしまった場合、相続人がプロミスへ過払い金請求することか可能な場合があるようなので、詳しくは当事務所へご相談下さい。

 

完済してから10年経過している

過払い金の請求は10年経つと請求権がなくなります。とはいえ、古い記憶はなかなか明確でないですよね。
10年経つかどうか微妙な場合は直ぐに法律家へ相談し、調べてもらいましょう。
10年未満ならまとまった過払い金が戻ってきたのに、10年越えてしまった為に請求ができない、というケースが非常に増えてきています。

 

過去に債務整理している

過去に借金返済に困って、弁護士・司法書士を通じて債務整理をしている場合、原則的に過払い金はありません。
個人で調停をした場合はどのような条件で調停をしたかを当事務所へご相談下さい。

 

そもそも低い金利で借りている(いた)

プロミスだけに関わらず20%を超える金利を支払っている、または支払っていた場合は金利の払いすぎとなるので、過払い金が発生している可能性があるので、そもそも安い金利で借り始めたケースでは過払い金はありません。
ただし、金利が低くても長い期間借りている場合は過去に金利が下がった場合もあるので、気になる場合は相談しましょう。
(銀行のカードローンや公的機関からのローンは金利がそもそも安いので過払い金はありません)

 

滞納をずっとしている

支払が大変で滞納が続くと、過払い金で戻ってくる金額よりも遅延金の金利の方が高くなってしまうケースもあります。
滞納している場合はすみかやに当事務所へご相談下さい。

 

ショッピングのローン

車の購入代や日頃のショッピングのローンは過払い金請求の対象外となります。

 

プロミス過払い金請求無料診断